任意売却のメリット・デメリット|京都の不動産売却・任意売却のことならセンチュリー21ライフ住宅販売|無料相談会実施中

任意売却について

任意売却のメリット・デメリット

実際に任意売却を考えていった場合、さまざまなメリット・デメリットがあります。
やる場合にどういうメリットとデメリットがあるのか?
そんな疑問をわかりやすくおまとめしました。

任意売却のメリット

比較項目 任意売却 競売
売却価格

市場価格

市場価格の50%~70%

売却方法

任意

強制

プライバシー

保守性を保つことができる

公になる

持ち出し費用

一切かからない

引越し費用等がかかる

立退き

しなくて良い方法がある

強制退去

売却までの期間

短い(約3ヶ月)

長い(6ヶ月以上)

市場価格に近い高額売却が期待できる

競売では市場価格とはほど遠い低額で落札される傾向が強く、多額のローンが残ってしまう怖れがあります。 そうなると競売後に多額の強行返済を強いられ、給料を差押えられる事もあります。 一方の任意売却は、市場価格や相場に近い価格での売買が期待でき、債権者との話し合いにより無理のない返済計画に基づいた小額返済が可能になります。

引越し時期・条件・明渡し等において
融通が利くこと

競売では落札された後、不動産業者から強制的に立退きを迫られ、従わなければ不法占拠者と見なされ、法的措置に出られる事もあります。 任意売却であれば、債権者との話し合いの中で、引越し時期や条件面での要望に耳を傾けてもらえます。 詳細は、任意売却で引越し代を確保するコツをご覧ください。

近所に知れる事なく
プライバシーが守れること

競売に掛けられると、裁判所の執行官等が自宅調査を始め、落札目当ての不動産業者が自宅周辺を嗅ぎ回る等、近所に知られる怖れがあります。 任意売却では通常の住み替え感覚で販売活動が行われる為、プライバシーも侵害されずに、慣れ親しんだ地域に住み続ける事が可能です。

引越し代等の諸費用(余剰金)の確保が
見込めること

競売では、引越し費等の請求をする事は出来ませんが、任意売却では債権者との調整次第で、売却代金の中から引越し代等の諸費用(余剰金)が配分される可能性は高くなります。

精神面のダメージが少なく
安心していられること

裁判所が介入する競売では、債務者の意向は反映されず強制執行の度合いが強いので、精神的ダメージも大きくなります。 一方、任意売却の場合は裁判所の介入はなく、債務者の意思で計画をたて退去出来るので、ダメージも少なく安心していられます。

任意売却を行うにあたり一切費用は
掛からないこと

競売が決まると、落札されるまでの遅延損害金が日々14.6%掛かり続けます。そうなると、債務残高が増加する怖れがあります。 一方の任意売却では、債務者自らが費用を負担する事は一切ありません。全ての手続きにまつわる諸費用は、物件の売却費用から配分されるからです。

任意売却のデメリット

上記のリスクを念頭においていただく必要があります。
また、一般的に任意売却のデメリットと言われている内容は、

  • 手続きの負担がかかる

    売却代金や返済する金額について、予め債権者の同意を得る必要が出たり、売却に必要な売却経費や、引越し代の交渉を行なう必要があり、それぞれの手順が必要となります。

  • 債権者との調整が難しい

    任意売却会社に依頼しても交渉は 自分でするように言われるケースもあり、交渉内容ごとに予備交渉、本交渉、確定報告が必要でかなりの手間が予想されます。

  • 保証人に迷惑がかかる

    任意売却会社に依頼しても交渉は 自分でするように言われるケースもあり、交渉内容ごとに予備交渉、本交渉、確定報告が必要でかなりの手間が予想されます。

などがあります。ただ、当社では上記のお客様が感じるデメリットを解消すべく、さまざまな取り組みを行っております。

  • 手続きや債権者との調整が負担…銀行などとの交渉に関して

    手続きや債権者との調整が負担…銀行などとの交渉に関して

    基本的に債権者(銀行等の金融機関)との交渉は、債務者と専任媒介契約を交わした当社の専門不動産スタッフが行う事になります。
    ※不動産業者であれば誰もが任意売却を行うことが出来るわけではありません。
     不動産のみならず、金融や法律の知識も学んだ専門性が必要となります。


    優良な任意売却業者の見分け方として、主だった重要なポイントをあげてみます。


    ① 相談時の対応に心配りや安心感がある事
    ② 面談の際には債務者に寄り添い、不安や疑問を解消してくれる
    ③ 任意売却のプロセスをわかりやすく説明してくれる事
    相談から売却まで丁寧にサポートしてくれる事
    ⑤ 何より任意売却の経験・事案を数多く有している
    債権者(銀行等の金融機関)との交渉力に長けている
    債権者ごとの傾向やクセ、対処法をしっかりわきまえている事
    税務署やマンション管理事務所とのやりとりにも秀でている事
    ⑨ メディア等、客観的にも多く取り上げられている



    任意売却業者の選択は、債務者にとってその後の人生を大きく左右する重要な分かれ道です。慎重を重ね、見極めて決めましょう。

  • 連帯保証人に迷惑は掛からないのか?

    連帯保証人に迷惑は掛からないのか?

    任意売却に至るまでもなく、主たる債務者が住宅ローンの支払いを滞納し始めた時点で、 連帯保証人に連絡がいく場合があります。

    連帯保証人とは

    債務者を信頼し連帯保証人になってくれた方に、住宅ローンが破綻した事を告げるのは辛いと思います。
    どのように連絡すればいいのかなども当社の担当スタッフにご相談ください。

その他任意売却で知っておくべきデメリット

  • 住宅ローンの支払いを停止

    任意売却は、通常の住宅ローンの状態では交渉が出来ない為、
    あえて数ヶ月(3~6ヶ月)住宅 ローンの支払いを止める等の要件が必要です。

  • 信用情報機関への影響

    住宅ローンを一定期間以上滞納することにより、信用情報機関に登録されてしまいます。

  • 新たなローンを組む際の影響

    一旦、信用機関に登録されてしまうと、その後の5~6年程度は新たなローンが組めなくなってしまいます。
    (現在ご利用中のクレジットカード等は、支払いの滞納が無い限りは継続的に使い続けられている方がほとんどです)
    つまり、数百万~数千万単位のローンが、数年間組めなくなる事がリスクとなります。

一連の手続きを行うことで、信用情報機関への影響が考えられ、新たにローンを組む際などに一定期間ローンが無目なくなる場合があります。

売却に関するお問い合わせはこちら